• ホーム
  • サテライトサイトの在り方と運用の注意点

サテライトサイトの在り方と運用の注意点

パソコンを使用する女性

サテライトサイトの在り方を考え直してみましょう。
大量に抱えていて、しっかりと管理できていない場合は改善が必要です。
また、被リンク対策用に利用しているサテライトサイトをどのように扱っているかも見直すべきです。

メインサイトを補佐するサテライトサイトを作るならば、使い捨てサイトにしないことを意識することが大切です。
上位表示させたいキーワードを詰め込んだだけのワードサラダのようなコンテンツを入れ、被リンクをメインサイトに送るだけで終わっているサイトは無駄です。
確かに以前は、ワードサラダやキーワードを入れただけの質の低いコンテンツでのサテライトサイトを大量生産して被リンクを貼れば効果は出ていました。
ですが、ユーザーには価値がないどころか今では効果も出ず、Googleペナルティの対象です。

自動生成したワードサラダをコンテンツとして出力したサテライトサイトなどのSEO目的だけに作成されたサイトは、ユーザーにはなんのメリットをもたらしません。
検索エンジンはユーザーのために存在しています。
そのようなサイトの存在は価値がありませんし、そこからの被リンクにも効果はないでしょう。

アルゴリズムのアップデートや最適な検索結果を提供するためにGoogleは、ワードサラダを使うようなサテライトサイトをスパムサイトとして認定しペナルティを与えています。
ですから、質のよいコンテンツを保有することが最善であるというのが、SEO対策の基本になります。

検索エンジンは、ユーザーを重視したサイトであるかということを重要視していると考えることができます。
サテライトサイトでも手を抜かず、独自性の高い情報や誰にでも利用しやすいサイトの構造・デザインが必要です。

メインサイトに被リンクの力を送りたいと考えているのなら、100の質の低い被リンクより、ひとつの価値のある被リンクと考えるべきです。
大量にサテライトサイトを生産するから、管理がずさんになり質も低くなります。
それよりは現実的な数のサテライトをしっかりと運用していったほうが得策でしょう。

最初から被リンクを貼るために作成しているサイトだと考えないほうがいいでしょう。
サテライトだからこの程度で、なんていうのはユーザーには関係ないからです。
また、Googleもサテライトだからと大目に見てくれることはありませんし、サテライトだと認識されることは良くありません。

コンテンツの充実と定期的な更新は最低限心掛けておきたいところです。
良いコンテンツを作り続けることで、常に一定数以上のユーザーがサイトへと流入してきます。
自然発生したユーザーの動きすら、検索エンジンはチェック対象や評価対象としてきている可能性が高まっています。

元々の目標は、メインサイトのSEO対策でありサテライトサイトにそこまで時間をかけられないと考える人もいることでしょう。
しかし、質の低いサテライトサイトとしてペナルティを受けると、メインサイトにも悪影響をおよぼす可能性が高まります。
サテライトサイトの扱いやあり方を見つめ直してSEO効果を高めましょう。