• ホーム
  • 下手な自作自演はリスクしかない

下手な自作自演はリスクしかない

パソコンを使う男性

サテライトなどを使った下手な自作自演は、今ではリスクしかありません。
効果どころか、マイナスの影響を与えかねません。
自作自演はGoogleも推奨していませんが、効果は未だにあります。
ですが、以前は効果があった手法を今でも変えずに続けていくことは危険です。

被リンクSEOにおいて被リンクが効果を発揮する場合、リンク元のサイトがワードサラダやスパムのようなサイトやコンテンツではないことが条件となります。
以前は被リンクの数が多い方が有効であると判断されていました。
ですが、ペンギンアップデートやパンダアップデートにより以前は効果のあった低品質の被リンクやサテライトはスパムと判断されペナルティの対象です。

サイトとして形だけになっているサテライトは危険です。
被リンクを貼るためだけの場所という認識しか持っていないのならば、改めるべきでしょう。

スパムや低品質と判断されるのはデザインが同じであることや文章に意味がないなどの理由があげられます。
SEO目的のためだけのオーダーした文章やテンプレートを使いまわしたようなデザインのサイトは危険です。

デザインやコンテンツをしっかり製作し、定期的な更新を行っているサテライトサイトからの被リンクであればSEOに有効です。
質が低いサテライトを増やして、被リンクの数を増やしても順位を上げる手助けにはあまりなりません。
サテライトサイトといえど、ユーザーに有益なサイトであると思わせなければいけません。
SEO効果を得たいのであれば、サテライトも被リンクも数よりは質を意識することが大事です。
ユーザーの利益になるサイトを作り、そこからの被リンクがはじめて効果を生み出すのです。

Googleは常に最適な検索結果をユーザーに提供するために、アルゴリズムを改善し続けています。
変化し続けるアルゴリズムの裏をかくスパム行為より、真っ当なサイト運用をしたほうが効率的でしょう。

スパム行為や手法であると検知されれば、Googleペナルティを受てしまいます。
大量生産型の質が伴わないサテライトでの被リンク対策はそれ自体がスパム行為と認識され避けたほうがいいでしょう。

中古ドメインを使用することはスパム行為やGoogleのガイドラインに触れる行為ではありません。
ですが、中古ドメイン自体が過去スパムサイトやペナルティを持っている場合は、効果は出ずマイナスの結果になります。

しっかりとした品質の中古ドメインであれば、運用履歴や価値の高い被リンクを保持しています。
中古ドメインの力とサテライトの質を高める作業を行い、被リンク対策を進めていくべきでしょう。