• ホーム
  • 中古ドメインにリスクはあるのか

中古ドメインにリスクはあるのか

パソコンを使う女性

中古ドメインを利用することでSEO効果を得ることができますが、適切な選定や利用ができていなければリスクも生じます。
利用前にリスクを理解しておく、またリスクを生み出さない選定法や利用法を覚えておく必要があります。

中古ドメインでのリスクは、まず選定の段階で生じます。
SEO効果が中古ドメインにはあると言いましたが、すべての中古ドメインに言えることではないからです。

過去の運用で良くないことををしていたり、Googleからペナルティを受けているドメインもあります。
また、ペナルティでないにしても質の悪い被リンクを抱えている場合もあるからです。

信頼できる販売店から購入する場合は別ですが、中古ドメインを購入するなら事前にチェックする必要があります。
特に、運用履歴や被リンクの質については念入りに分析したほうがいいでしょう。
なぜなら、中古ドメインの品質や価値に直結する項目になるからです。

被リンクに関しては、不自然な量の被リンクを抱えていたり相互リンクを過剰に行っていた形跡がある中古ドメインには要注意です。
大量の被リンクがある場合、被リンクをひとつずつ調査していくのは容易ではありませんが可能な限りしたほうがいいでしょう。

ペナルティが与えられているのかは表面的な情報だけで判断することは大変難しいことです。
ですから、ペナルティを受けていてもおかしくはない、ペナルティを受ける可能性があると考えられる要素を洗い出し、自分の眼力で選定しリスクを回避していくしかありません。

仮にその中古ドメイン自体がどんなにホワイトハットな運営をしていたとしても、被リンクの中に悪質で怪しげなサイトが含まれているだけでペナルティのリスクは生じるからです。
ペナルティを過剰に恐れすぎる必要もありませんが、常にリスクが潜んでいる可能性についても頭の片隅に置いておきましょう。

中古ドメインの中には手動ペナルティのステータスを引き継いでいるものも多く見られます。
手動ペナルティになったから手放したドメインなのかはわかりませんが、中古ドメインの手動ペナルティを見破るのは困難です。

手動ペナルティは過去の運用履歴や被リンクを確認しても確実に見破れる保証はありません。
むしろ、被リンクやツールなどのスコアは良く見えるものも多くあります。

せっかく購入した中古ドメインが手動ペナルティを持っていたなんてことは避けたいことです。
中古ドメインのリスクを把握したうえで慎重に精査していくことが重要です。