• ホーム
  • 被リンクをチェックツールで確認

被リンクをチェックツールで確認

中古ドメイン選定の際でもサイト運用後だとしても被リンクを確認する作業は必要になります。
被リンクを分析するにはツールを用いて行うことが多くなります。
最低限、知っておいたほうがいい被リンクチェックツールを紹介します。

中古ドメインを利用する際の効果は、中古ドメインが持っている被リンクの質が非常に重要です。
質の高さを見極める方法として中古ドメインの被リンクをしっかりチェックしておくことがポイントとなります。
ですが、手作業で行うにはあまりにも非効率で現実的ではありません。

Ahrefs(エイチレフス)
Ahrefsは12兆にも及ぶ被リンクデータを保有しており、3兆のURLを網羅しています。
クロール速度や情報の更新頻度が高いのが特徴です。
Majestic(マジェスティック)
トラストフローやサイテーションフローなど、ドメインに関するスコアが確認できます。
スコアを見ながらそこからの被リンクの質を見極めるのに利用できます。
Moz(モズ)
ドメインオーソリティやスパムスコアなどのスコアが確認できます。
スパムスコアが高いドメインや被リンク元のスパムスコアなどで品質を見るヒントに利用できます。

ツールにより被リンク数に差異が生じます。
あまりにもツールによって被リンク数などに開きがあるドメインは注意したほうがいいでしょう。
被リンクの分析はとても重要です。
被リンクの質が高ければ、中古ドメインの評価も高くなり逆に被リンクの質が低いようであればリスクを招きます。
Ahrefs、Majestic、Mozなどを有効活用し効率的に被リンクをチェックして中古ドメインの選定に役立てましょう。

被リンクの質を見極めるポイントのひとつとしては、自然な場所や内容のアンカーテキストによってリンクされているかという点です。
サイトのサイドバーや記事の最初や最後などに、広告のように置かれているリンクを見かけることが多いですが、このようなリンクの方法はあまり有効ではないとされています。
また、リンク元ドメインとの関連性についても注意しておいてください。

被リンを分析する中で、ノーフォローや削除されたリンクなどの不自然なリンクはないかという点は意識して確認しておきましょう。
ノーフォローや削除されたリンクについては、サイトをしっかり運営していた証と見ることもできますが、一方で被リンク対策に過剰になりすぎていたのでは?と見ることもできます。
被リンクとは本来、有益なコンテンツに対して自然と徐々に増えていくものですから、不自然な被リンクの増減をしているドメインには注意してください。

被リンクを精査することで、中古ドメインの価値が見えてきます。
数字やスコアだけで判断しないで、被リンクの質を意識して分析しましょう。

被リンクに起因するペナルティも多いですから、被リンクを分析することで中古ドメインを目利きする力もつきます。
質の高い中古ドメインを見つけることができるようになれば、SEOを優位に進められます。

リンク元サイトがリンク先サイトのテーマや話題に関連性が乏しい場合は、検索エンジンは評価してくれません。
また、同じリンク元から大量の被リンクが送られている場合も、ペナルティのリスクを高める要因になります。

ユーザーが良いと思って貼った被リンクなのか、自作自演などその他の意図的な被リンクであるのかを見破る必要があります。
SEO効果を生み出すことに共通しているポイントは、自然なリンクと質の高いコンテンツのふたつが大きくあげれらます。
評価を得たいがために不自然な手段を使わず、必然性がある被リンクであるかを見極めましょう。

被リンクはサイトをいいと思ったユーザーが基本的には貼るものです。
コンテンツがしっかりしていなければ、良いと思ってはもらえないでしょう。
ですから、リンク先のサイト、自身のサイト自体の質も考えなければいけません。
これは中古ドメインの質を見極めるためだけではなくて、自分のサイトを育てる上でも役に立つ考え方です。

サイト内検索
人気記事一覧