• ホーム
  • 被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか

被リンク対策のアンカーテキストはどうすべきか

パソコンを見る女性

被リンクを貼る際には、アンカーテキストを設定します。
自作自演で行う場合は、SEO効果を意識し対策キーワードを上手く活用したアンカーテキストを設定したいと思うでしょう。
ですが、不自然なアンカーテキストにならないように注意が必要です。

多く見られるアンカーテキストは、サイトタイトルとURLになります。
一般のユーザーがサイトにリンクを貼る場合、わざわざアンカーテキストを考える場合は少ないからでしょう。
SEO効果もあり、サイトタイトルとURLでのアンカーテキストは無難だといえます。

サイトタイトルがアンカーテキストになる場合が、多いのでサイトタイトルにうまく対策キーワードを含ませると効果的です。
アンカーテキストに偏りが起きるのは良くありませんが、サイトタイトルやURLの場合そこまでのリスクはないでしょう。

自作自演の場合も、対策キーワードの他にサイトタイトルとURLを用いるべきでしょう。
ですが、あからさまなサテライトだとわかるようなサイトの場合はサイトタイトルとURLだとしてもリスクはあります。
また、サイトタイトルとURLだとしても露骨で不自然なリンクの貼り方であれば危険です。

同じ文章ばかりが、アンカーテキストになっていると違和感を持たれます。
自然なアンカーテキストであれば同じ文章ではなく、差異や間違いなども含まれる可能性があるからです。
様々な人々がリンクを貼るので、文章は統一されていなくてもおかしくはありません。

被リンク対策を行う場合、アンカーテキストは重要な意味を持ちます。
アンカーテキストに含まれるキーワードがリンク先でもキーワードになっていると判断されるからです。
つまり、対策したいキーワードの場合にはアンカーテキストの中にキーワードを含めることで、リンク先がキーワードに詳しいサイトであると認識してもらえるのです。

ですが、対策キーワードばかりを露骨にアンカーテキストにするのは危険です。
対策キーワードばかりのアンカーテキストでは自作自演を見抜かれてしまい、スパム行為としてGoogleペナルティになる危険性もあります。

中古ドメインを利用している場合、元々ある被リンクがどのようなアンカーテキストであるか確認すべきです。
様々な言葉で分散されていれば、利用していく上でアンカーテキストの分散に役に立ちます。
また、偏ったアンカーテキストばかりだと以前の運用で自作自演を行っていてリスクが高いドメインの可能性もあります。

以前から貼られているリンクのキーワードはSEO対策になりませんが、キーワードの分散という面では意味があります。
中古ドメインが持つ被リンクに対策キーワードを上乗せすることでキーワードが偏らなくなります。

はじめから他のキーワードのアンカーテキストがあるのですから、キーワードの配分が少し変わってもペナルティーになる可能性は低くなります。
中古ドメインであればキーワードの分散を自然にすることができ、アンカーテキストの分散という意味でも中古ドメインは被リンク対策に有用です。

サイト内検索
人気記事一覧